入所型施設について

入所型施設(特養、老健、有料老人ホーム等)

入所型施設は24時間体制で利用者様の身の回りのお世話をします。
よって勤務形態としては交代制。シフト勤務が一般的です。

 

事業形態としては、

  • 特別養護老人ホーム
  • 老人健康福祉施設
  • 有料老人ホーム

などがあります。

 

朝起きてから夜寝るまではもちろん、睡眠中も含めて常に利用者様の状態を見守りますから、身体介護については一通り身に付けることができます。

 

入居型施設での仕事

 

福祉系の大学を卒業した場合、こうした入所型の施設に就職するケースが多いようです。

 

入所型施設のやりがい

24時間体制で利用者様の状態を把握するため、利用者様と職員との間の距離が非常に近くなります

 

そのため、仲良くなれた利用者様へのケアは楽しいものとなりますが、一度信頼関係が崩れてしまうとその後のケアが辛くなるケースもあります。

 

ただし、長く介護を続けていると情が移ってしまい、亡くなられた際などには心理的なダメージを負うこともあるようです。

 

入所型施設への勤務に向いている人

入所型施設へ勤務する場合、交代勤務になりますから夜勤があります。
そのため、家事をこなしながらの兼業主婦やパートタイムで就労を希望する場合には生活に支障が出る恐れがあります。

 

新卒で就職する場合や、介護業務を本業とする人には、夜勤手当などを含めて稼げる事業形態ではありますが、そうでない場合はやや負担の大きな仕事となるでしょう。

 

しかし、中には家事をこなしながらも正社員として勤務している方や、育児中のみ日勤というケースも見受けられます。

 

もし自分が入所型施設で勤務したいが、上記のような制約がある場合には、事業所と相談して無理のない勤務形態を模索してみるのも良いかもしれません。

 

どの事業所も介護の仕事が好きな人に働いてもらいたいと思っていますから、対応してもらえる可能性は高いでしょう。