介護を行う3つの形態

施設形態ごとに異なる業務

介護の仕事に従事する為には、最初はどこかの事業所に勤務するケースがほとんどです。

 

介護事業所には大きく3種類に分けられます。

  1. 利用者が24時間生活をしている入所型施設
  2. 普段は在宅だがリハビリやレクリエーションでのために通う通所型施設
  3. 在宅のまま介助をする訪問介護

です。

 

このページでは、それぞれもう少し詳しく説明していきたいと思います。

 

介護士が働く施設について

 

入所型施設

入所型施設では24時間体制で介護職員が利用者様の生活を見守っています。

 

勤務形態としては日勤と夜勤があり、シフトによって勤務日や休日が決まります。
このタイプの施設では、朝起きてから夜寝るまでに加え、寝ているときまで含めて介護を行います。

 

そのため、身の回りの介護については一通り身に付けることができます。
介護職として早く一流になりたいと思うなら、仕事は大変ですが入所型施設へ勤務するのが一番の近道でしょう。

 

通所型施設

通所型施設では、リハビリや入浴介助、レクリエーションなど、生活の質を高めるためのサービスが提供されます。

 

比較的要介護度の低い人たちが集まる傾向が多く、生活全般の介護よりもレクリエーションや入浴介助、食事介助などと言ったスキルが磨きやすい職場でしょう。

 

また、昼間のみ利用者様を受け入れるため、夜勤はありませんが大人数が押し寄せるため、その忙しさは目が回るほどです。
通所型施設の場合、パートタイムなどでも勤務しやすいため、家事などが忙しい場合などに検討してみると良いでしょう。

 

訪問介護

訪問介護は利用者様の自宅へ直接伺い、身体介護や家事を行います
基本的に一人で行いますので、一通り技術を身に付け、さらに家事が苦にならないことが大切です。

 

訪問介護も連続して数時間も働くわけではなく、利用者様の利用時間に合わせて働くタイプですから、パートタイムやアルバイトなどで従事するケースが多いようです。

 

介護の初心者が訪問介護に従事する場合、最低でも介護職員初任者研修の資格が必要になりますから、無資格で事業所に採用された場合は注意が必要です。

 

ただ、訪問介護はすべて一人でこなす必要があるため、初心者の方にはあまりおすすめではありません。