通所型施設でのお仕事

通所型施設(デイサービス、リハビリセンター、ショートステイ)

通所型施設とは、普段は在宅生活を送る利用者様が、

  • リハビリ
  • 入浴

など自宅では対応困難なことを行うために通う施設になります。

 

通所型の種類

事業形態としては、

  • デイサービスセンター
  • リハビリセンター
  • 短期間の宿泊に対応するショートステイ

などがあります。

 

ショートステイを除く通所型施設の場合、一般的な身体介護と言うよりは、レクリエーションや入浴、食事などの介助に重きが置かれています。

 

通所型施設で行われること

 

入所型施設とは異なり、

  • 朝起きた時
  • 夜眠る前
  • 眠っている時

の介助や見守りがありませんが、日中の短時間の間にたくさんの利用者様へ対する介助を行う必要があります。

 

そのため、業務の経験量としては多く、スキルを磨くにはうってつけの場所です。

 

やりがいを感じるのはどんな時?

通所型施設は大抵が決まった曜日に決まった人が訪れますから、自ずと職員と利用者様とが顔見知りになります。
また、24時間常に顔を合わせているわけではないので、適度な距離感もあり、仕事として割り切りやすいということもあります。

 

昼間のみの営業を行う事が多く、パートタイムで働きたいという主婦の肩や、学生で授業の無い日にアルバイトで経験を積むという点では働きやすいのではないでしょうか。

 

時間だけに注目すれば一般的な企業と変わりありませんが、夜勤や早番が無い代わりに昼間の業務量が多いのが特徴です。

 

楽をしようとして通所型施設へ勤務しても、その期待は裏切られますから注意が必要です。

 

通所型施設の勤務に向いている人

通所型施設は身体介護に加えてレクリエーション等を行います。
リハビリなどは専門家でないと危険が伴いますが、レクリエーションについては一般の介護職員も担当します。

 

ですから人を楽しませるのが好きな方や中心になって動ける方が向いています。

 

どの業務形態も楽なものはありませんが、通所型の場合は夜勤が無い分、勤務中は非常に忙しい傾向があります。
介護技術を早く向上させたいが夜勤が出来ない、そんな方にとっては自分のスキルアップのために挑戦してみてください!