仕事をしながら介護職員初任者研修を取得

働きながら取得する方法は自宅学習にあり!

介護職への転職を考えておられる方には、現在、

  • 介護業界にまったく関わりのない異業種
  • サービス業や対人での接客もない職種

にて働いてる方も少なくないと思います。

 

私自身も全くの異業種で働きながら資格を取り、介護事業所に転職しました。

 

異業種で働きながら

 

働きながら受講するのは不安や悩みがあって当たり前です

介護職員初任者研修の講座を受講する前には、

  • 働きながらで大丈夫なのか?
  • 仕事と家事の合間に出来るのだろうか?
  • どのくらい勉強したら合格できるのだろうか?勉強量をこなせるのか?

と不安を感じる方もいらっしゃると思います。

 

ですが、最初にお伝えしておきたいのは、多くの方が働きながら介護職員初任者研修を取得できているということです!
時間がなくて大変ですが、長くて3〜4ヶ月の受講期間ですから、頑張って合格まで辿り着きましょう!

 

このページでは、私が三幸福祉カレッジにて、資格取得の際にどんな自宅学習をしたのか?その体験を紹介させて頂きます。

 

まずは介護職員初任者研修の情報収集

ネット上から大手スクール数社に一括で資料請求を行い、

  1. 介護職員初任者研修講座の開講場所
  2. 料金
  3. 期間
  4. そのスクール独自の特典やメリット

などを比較検討しました。

 

働きながらの受講のため土曜か日曜コースしか検討できなかったのですが、幸運にも自宅近くに数か所ありました。

 

それと同時並行に、友人・知人の中に初任者研修(ヘルパー2級含む)を取得した人はいないか聞き、その体験談も含め受講先を決めました。

 

自宅学習は短時間集中がコツ

講座が始まってからは、

  • 通信講座
  • 通学講座(スクーリング)

が並行して学習が進んでいきます。
働きながら取得する為には、自宅学習を効率的に進める必要があります。

 

自宅学習について

 

スクーリング前の予習は斜め読みが基本

スクーリング前に仕上げなければいけない課題プリントがあるのですが、この問題を解くための教科書は6冊もあります。

 

スクーリング開始の日付が近付くほどにカウントダウンされているようで、早く課題を終わらせなければと焦りましたし、仕事帰りや休日に行うのが何とも億劫だったことを覚えています。

 

課題自体の難易度は、その6冊の教科書を読むことで解けるくらいのものなので、そこまで高くはありませんでした。

 

また、課題の出題項目には教科書のどの分野の問題なのか記載されているため、ある程度どこを見たら解けるか分かったのが助かりました。

 

そこで、課題プリントの文章から教科書を逆引きし、課題部分をピンポイントで行う方法を取りました。
教科書は全部読まずに、必要な所を斜め読みするだけで十分という判断です。

 

もちろん、時間に余裕のある方は、しっかりと予習された方が良いに決まっていますが、時間が足りないなら少なくとも斜め読みだけしておけば十分に課題を解くことができるのです。

 

そして、この時に重要なのが、必ず印を教科書に書き込み付箋を貼って置くことです

 

教科書の巻末には単語から目的ページを見つけるIndexがありませんでした。
そこで、印と付箋で自分なりのIndexを作成し、同じような問題があった際にはすぐに解けるよう工夫しておくと便利だったのです。

 

どの勉強でも同じだと思いますが、一度解いた問題は付箋などで目印を付けておくだけで、復習も簡単になりますし、記憶にも定着するような気がします。

 

スクーリング前の課題が早く終わった場合は、残った時間でさらに教科書を斜め読みしスクーリングに備えました。

 

スクーリング受講時は復習を大切に!

いよいよスクーリングに突入ですが、必ず前回授業の復習をして下さいと講師の方々から言われました。

 

私は土曜コースで受講していたのですが、週1回の授業で復習しないと前回の授業内容の知識があやふやになり、次回の授業内容に付いていけないことがありました。

 

空いている時間にノートを見直し、可能であればネットで知識を固定化していくといいと思います。

 

実技を中心に理解すると、座学の知識の吸収もスムーズに!

スクーリングの授業中には、講師の方々の現場経験に基づいたお話が多くありました。
こうした実際の現場での体験に教科書の知識を照らし合わせると、退屈になりがちな座学の知識も自然と頭に入りやすくなりました。

 

また、簡単な実技であれば、Youtubeなどの動画サイトにも投稿されており、どう動けばいいか視覚的に捉えることが出来ます。
テキストの説明でわからないことがあれば、Youtubeの介護技術動画を活用すると解決することも多いですよ!

 

自分のノートとテキストを見返しながら動画を見て知識の整理をしていきましょう!

 

筆記試験前の対策

最終日に行われる筆記試験(修了試験)に合格することで、資格取得となります。

 

試験対策に関しては、私の受講時には試験がなかったため、友人からの情報を基にしております。
スクーリング時に講師の方々が「ここは重要ですよ(テストにでますよ)」とおっしゃるので、しっかり印をつけていたということです。

 

また、スクーリング前の勉強時に教科書につけた印と付箋が役に立ちます。
課題に出された問題という事は、絶対におさえて欲しい知識である可能性が大です。

 

時間がない方にとって、要点を集中して記憶することが可能になると思います。

 

試験に不合格だった場合も補習が行われるので、時間がかかっても確実に取得できるので、不安視されずにのぞんで下さい。
合格率は100%に近いと言われている資格なので、しっかりと講義を受ければ落ちることはないと思います!

 

まとめ

私の場合は施設実習も体験させてもらい、土日講座での介護職員初任者研修の取得に至りました。

 

転職前に介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)を取得して、少しでも求人の応募条件を満たしてから転職活動を進めるとスムーズにことが進みますよ!

 

働きながらの受講となると時間管理が大変なのは間違いないですが、これまでに多くの方がそれで修了まで辿り着いています。

 

「自分だけ大変!」とは思わずに、「他の人ができてるなら私も!」と自分を励まして、無事に介護職員初任者研修を取得してくださいね!