新設施設に転職する時にありがちな失敗原因

新設施設は要注意?私が転職に失敗した原因

私は介護職に就いてから約1年半で1回目の転職をしました。

 

転職先の職場に対しては、不安よりも期待と希望の方が大きかったのですが、1年半とはいえ経験者として入るわけですから、どうしてもありとあらゆる部分で前の施設と比べてしまいます。

 

もちろん、前の職場に対して不満があったから転職したわけですが、それでも比較というものはしてしまうものなのです。

 

また、私の転職先は「新設の介護施設」でした。
そこに魅力を感じて移ったわけですが、結果的には悪い点ばかりが目立ってしまいました。

 

研修がない

経験者ということで、私には研修が行われませんでした。
あまり疑問には思わなかったものの、やはり最初にまとまった指導というものが必要だと思います。

 

これが教育制度がしっかりと整った介護施設でしたら、経験者と言えども現場に対応できていないと判断されれば、臨機応変に社員教育してもらえたのだろうなと思います。

 

業務の要領が悪い

オムツ交換は利用者の居室で行うのですから、その時に一緒に居室のゴミを回収すれば、もっと効率よいのに・・・
など、細かい部分になりますが、「業務の要領の悪さ」を感じたことを覚えています。

 

紙おしぼり

清拭がタオルではなく、レストラン等にある「紙おしぼり」だったのが、悪い意味で衝撃的でした。

 

報連相ができてない

職員間の報・連・相が全くできていない事も、目に付きました。
毎朝の申し送りがないし、会議やミーティングもないのです。

 

職員間のコミュニケーションが全く取れていないように感じ、不安に思いました。
報連相がないと、「聞いてない」で済ませられてしまい、「我関せず」の風潮が漂ってしまいます。

 

これでは危険と隣合わせの介護現場が上手くまわっていくとは思えません。

 

新設の施設だから我慢できた

  • 新設の施設だったので、まだまだ課題がある
  • 良い施設を作っていくという取り組みに参加できるというという点に、やりがいと魅力を感じた

こともあって、まずは自分を納得させ、疑問を抱えつつも、課題のひとつひとつを受け止めていきました。

 

そして「1ヶ月、2ヶ月と過ぎれば、もう少しこの職場についてわかってくるだろう」という思いで過ごすことにしました。

 

ボーナスが提示の半額

半年経つ頃になって、ボーナスが支給されたのですが、最初に条件掲示された金額の半分にも満たない額しか支給されませんでした。

 

約束よりボーナスが安い

 

これでは1件目の施設よりも、年収にしたら下がってしまうことになります。

 

また、施設の状況は相変わらずだったこともあり、このボーナス事件がきっかけになり、具体的に2回目の転職を考えるようになったのです。

 

周囲の離職者が増え始める

この施設の介護の在り方に疑問を感じていたのは私だけではなく、周囲のスタッフの中から離職者が増え始めていました
その影響で、残ったスタッフの業務もキツくなってくるという悪循環・・・

 

ただ、体力的な問題はまだマシで、頑張れば自分一人で克服できますが、精神的な問題はなかなかそうはいきません。

 

精神的な問題の方が辛い

精神的な問題というのは、一つは人間関係のことです。
酷いイジメなどが起こるような人間関係ではなかったのですが、相変わらず「個人商店の寄せ集めレベル」で、横の関係が希薄過ぎたのです。

 

正直、それが原因でいつ何かの問題が起こってもおかしくないと感じていました。

 

介護士としての自分の将来

もう一つの精神的な問題は、自分の将来(キャリア)についてです。
介護士としての自分を考えた時、

  • このままここに居ても、介護士としての将来はない
  • ダメな介護士になってしまうんじゃないか?

という不安ばかり感じるようになっていました。

 

そもそも新しい施設に来て、「自分の可能性を見出す為の転職」だったはずです。
だからこそ、「自分のためになる転職」と考えて、思い切って踏み出したのです。

 

その結果が、

  1. 業務の効率の悪さ
  2. ルーティンワークばかりで経験も積めない
  3. 尊敬し学びたいと思える先輩介護士がいない

など、新設の悪い点ばかりが目立つ施設でした。

 

(1)業務の効率の悪さ

介護の理念がない雰囲気でした。
理念がないので、誰もが好き勝手やるだけで、それがまとまりの無い業務の原因になっていました。

 

(3)尊敬し学びたいと思える先輩介護士がいない

そもそも未経験者が多かったです。
中には無資格の職員もいて、仮にも経験者の私が技術を学べるような職員はいませんでした。

 

まだまだ介護業界2年目の私にとっては、先輩というものが必要でした。

 

再度の転職を決意

そんな環境で、どんなに経験を積んでも、ただの年数だけになってしまい、勿体無いと思いました。

 

タイミング的にも、何人かの介護士が退職していく中で、「今辞めないと辞められない」という空気も漂っていたので、申し訳ない気持ちもありましたが再度の転職を決意したのです。

 

正直この転職は失敗だったと思います。
ですが、新しい環境で「1から始める覚悟」を決めて、次の職場を探すことにしました。