介護を生涯の仕事にする為に

キャリアアップ思考の強い私の転職談

私は新卒から現在まで、介護業界のみに従事してきました。

 

介護のことで様々なニュースが報道されている昨今。

  • 日頃の業務のこと
  • 将来の自分がどうなっているのか?

などに不安に感じて、このままで良いのか葛藤することもありました

 

その中で、キャリアアップの過程を通して、介護を生涯の仕事にできるように取り組み、転職していった体験をご紹介します。

 

キャリアアップの為の転職

 

最初の就職先はデイサービス

まず新卒で地方の行政組合が管轄している施設に就職しました。
施設内に複数の事業がありましたが、私はそこで8年間、デイサービスの正規介護職員として勤めました。

 

生まれ育った地元ということもあり、職員や利用者も知人やその家族が多く、社会人1年生で未熟な私にとっては心強い職場環境でした。

 

「利用者に1日楽しんで帰ってもらう」
を目標にしており、業務は大変ながらも、毎日笑いながらお仕事できたことは良い思い出です。

 

その反面、業務に慣れてきた頃から「もっと他の介護の仕事をしてみたい」という気持ちが芽生えました。

  • 重度な方への介護方法に不慣れであること
  • ずっとデイ職員だけでは介護士として足りないことがあるのでは?

感じたのがその理由です。

 

ここで働きながら介護福祉士と介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得し、転職することに決めました。

 

求職活動

今時の介護転職では、インターネット、アナログ、ハローワークと全ての媒体を利用します。

 

インターネット

私が利用するのは、介護職に特化した求人サイトが、最も頻度が高いです。
中でも、

  • カイゴジョブ
  • 介護求人ナビ
  • e介護職

です。

 

いずれも、サイトに無料登録すると、企業側からスカウトを受ける事もできるので、とても便利です。
スカウトを受けても、必ず面接に行かなければならないわけではなく、選択権は自分にあります。

 

メルマガも充実していて、希望の地域や職種の新着案件が届きます。
いずれも、稀に希望案件とは異なるところから、スカウトされたり案内があります。

 

後は、無料の求人誌「タウンワーク」も利用します。
こちらの良いところは、なんと言っても、地域密着型なので、自宅近くのところをピックアップして探せます。

 

それと、急募しているところが多いので、採用されすい?というメリットもあります。
このふたつを利用して、まずは職場選びをするわけです。

 

アナログ

紙媒体でも求人誌や広告欄にも目を透しました。

 

ハローワーク

次にハローワークの求人を検索しました。
何気にハローワークの方が仕事の詳細まで記載されており、求人登録件数が一番充実しているので一番効率的でした。

 

面接前の心構え

良いところが見つかったら連絡をして面接をして頂くわけですが、面接当日までに私は繰り返しシュミレーションを行います。

 

当日までに準備するのは、当たり前の履歴書等以外に、心構えとして、今一度、自分の目指す方向を確認します。
そして、想定される質問にきちんと応じられるよう、何度もシミュレーションします。

 

これは、どれだけやっても、いざとなったら、なかなかシュミレーション通りにはなりません。
ですが、繰り返し行うことで、新たな認識が芽生えるかもしれないので、可能なだけ行うようにしています。

 

面接地へは、初めて行くわけですから、場所の確認もネットの地図で確認します。
面接を受ける企業の住所と連絡先は、必ずメモに書いて、持参するようにしています。

 

当日は、早めに起床して、身だしなみを整え、持ち物の最終確認をして、最低でも5分前には到着できるように、自宅を出ます。

 

面接自体は、30分程で終るところがほとんどで、質問されることも大体同じような内容です。
その為、数社受ける場合でも、返答はほぼ同じで構いません。

 

施設内見学

実際、面接時には施設内の様子も見学でき、

  • 医療依存度が高い方もいる
  • 施設全体がアットホームな雰囲気
  • 新しい事業展開をしている会社

を理由に転職先を絞り込み、無事に転職となりました。

 

次の会社にて

ハングリー精神あふれる社長でしたので、次々と新しい発想で展開する事業が斬新で新鮮に感じました。

 

初めは有料老人ホームの介護職員として従事し、アットホームな雰囲気を守りながら、ターミナル期の方も積極的に受け入れ支援する環境で学ぶことが多々ありました。
ここでは医療依存度の高い方へのケアや、緊急時の対応に慣れたことが収穫です。

 

会社の事業展開に伴い、居宅ケアマネに異動となり、そこでは介護職ではわからなかった

  • 本人・家族の苦労
  • 会社・行政の方の努力

を痛感しました。

 

その後、ケアマネ業務を通して培った地域や他社との関わりを元に、会社の営業や新規有料老人ホームの管理職を任されるようになったのです。

 

介護報酬引き下げ

最近ニュースで介護報酬引き下げのことが報道されました。
将来どうなるのか不安に感じた方は多いと思われます。

 

ですが、私は努力すれば介護は生涯の仕事になると思っています。
そのためには当たり前ですが、

  • 常にスキルアップすること
  • 情報にアンテナを張ること

は欠かせません。

 

そして、「会社や一緒に働く会社の職員のために何ができるのか」を経営者と一緒に考えることが大切だと学びました。